アメリカ学生 留学Blog

20歳 ニューヨーク バスケ

【保存版】TOEIC800点でも低い!?留学前の英語力は〇〇以上は必要です

f:id:kiam4real:20190718120720j:plain

 

みなさんこんにちは、アメリカ留学中のKです。

 

今回は、僕のアメリカ留学前の英語力について話していきたいと思います。

 

留学って一体どのくらいの英語力があればいいの?と疑問に思う方も多いと思いますが、実際に生活して行く上での指標になればと思います。

 

【留学英語】留学前のTOEICとTOEFL

1. TOEICの点数

僕の留学前のTOEICは800点でした。

 

先に言っておきますが、この点数は留学を目指していない大学1年生であれば、割と平均よりは高いかと思います。

 

しかし、留学を目前としている学生にとっては、決して高くないのが事実です。

 

2018年の12月に渡米予定でその2ヶ月前の10月にTOEICを受験しました。

 

TOEICはまず間違いなく、アメリカ留学に必要な試験ではありませんが、僕は大学生の友達が受けているから、と一つの指標にするために受けました。

 

なので、毎日勉強したり、1、2時間も勉強したというわけではなく、あくまで今の状態の自分の筆記英語力(R&Lだけの受験でした)を知りたくて受けました。

 

留学をする予定の人は、渡米前に自分の英語力の指標に1度受けてみるのもいいかもしれません。

2. TOEFLの点数

続いてTOEFLの点数ですが、僕のスコアは70点でした。

 

この点数も留学前であれば高くないですし、むしろ低いのではないかと思います。

 

TOEFLは留学先の学校に半年前くらいに書類審査で出さなくてはいけなかったので、日本の大学に通っていた2018年6月にとったものです。

 

実は留学先の学校が、次の学期から入学できるようにするには7月に提出していなくてはいけなかったので、日本の大学をやめると決めてから約1ヶ月で受けました。

 

TOEICと違い、基準点を超えていないと、留学できなかったのでこの時の1ヶ月は死ぬ気で勉強しました。笑

 

学校の基準点が65点だったので、ほんとうにぎりぎりでした。

 

TOEFLはTOEICと違い、受験料がめちゃ高いです。

 

1受験で2万円ほどかかるので、それも考えて、一発で通ってよかったです。

【留学英語】留学前の英語学習

留学前はとにかく時間がなくなるので、あらかじめ前からコツコツと勉強しておくことがとても大切です。

 

英語学習についての記事はこちらで書きました!

www.kiam4real.com

 

直前の一発とかでうけてしまうと、もし基準に満たなかった時は、自分の留学時期が先延びしてしまいます。

 

アメリカの大学といえども、そういう期限は必ず厳守しなくてはいけません。

 

TOEFLであればまずは、一度本番の過去問を解いてみます。

 

それで目標までに何点必要かを確認し、短期集中で勉強していきます。

 

ながながとやっても時間がかかるので、1回でも基準をこえればいいテストですから、2、3ヶ月のスパンで集中してやることをお勧めします。

 

忙しくても、1日に3時間は勉強時間をとり、単語帳は1ヶ月でやりきりましょう。

 

単語は1日の中でなんどもみて反復して、目に入れる回数を増やすと記憶に定着していきます。

【留学英語】留学前ってどのくらい英語ができればいいか

これに関しては結構気になることかもしれませんね。

 

実際先ほどの点数で留学してみて僕が気が付いたのは

 

「高ければ高いほどいい」

 

というのと、

 

「どれだけ試験でいい点があっても、所詮ネイティブとの差は露骨にある」

 

ということです。

 

まず点数に関してですが、高ければ高いほど、というかはやり点数が高いということは知っている単語やフレーズも多いわけですから、それだけ有利です。

 

後者に関しては、留学して1年とかであれば、よっぽど帰国子女とか子供の時に何年か住んでいた、という人でない限りはネイティブとの英語力の差はすごく感じてしまいます。

 

単語は知っていても、実際に使えるかと言ったらそうとは限りませし、英語試験は「英語をみて、日本語を思い浮かべる」のが普通ですよね?

 

ですが、留学では「英語で考えてそのまま英語を話す」というもの、よく『英語脳』なんて言われていますが、それです。

 

なので留学前の英語力は、あればあるだけいい!ということになるでしょう。

 

【留学英語】留学前の英語力が低いとやばい理由


 留学前に合格基準の点数は取れたと言って、英語の勉強を続けない人は留学してから困ります。

 

確かに、留学すれば英語力は格段に上がるし、コミュニケーション能力も高くなります。

 

ですが、もともとの英語力が低いと学べることはほとんどない、というのか、学ぶことが多すぎて追いつかない、です。

 

留学しても英語ができないという帰国生をよく聞きますが、彼らに共通するのは『もともとの英語がしょぼいから対して延びない』ことです。

 

なので、留学前の英語勉強には熱心に取り組まなくてはいけません。

 

逆に言えば、ある程度の英語力があれば、現地の文化を存分に学ぶこともできますし、英語の伸びもかなり大きいです。

 

「スタートが肝心」というより「スタートの前から肝心」ですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

留学前の英語力は僕もそうでしたが、結構気になるところではないでしょうか?

 

留学した後でも充実して学べるように留学前の英語学習も頑張ってください!