アメリカ学生 留学Blog

20歳 ニューヨーク バスケ

【オンライン英会話】日本人と外国人講師 どっちがいいの?

[この記事は3.5分で読めます]

f:id:kiam4real:20190718210426j:plain

 

みなさんこんにちは、アメリカ留学中のKです。

 

今回はオンライン英会話をやったことある人、やろうと思っている人が気になる「日本人の先生と外国人の先生、どっちがいいのか」について話していきたいと思います。

 

いきなり外国人と話すのはちょっと不安。

 

言っていることがわからなかったらどうしよう。

 

日本人だと、訛りとかあるし、やっぱ外国人の方がいいのかな?

 

など、気になる点はたくさんあるかと思います。

 

その点について詳しく紹介していきたいと思います。

 

 

【オンライン英会話】どっちがいいか、まずは結論

先に結論から言いたいと思います。

 

中学レベルの英語ができる人は外国人

それ以下の人はまず日本人で、すぐに外国人に変える

 

「中学レベルの英語ができる人」とは、例えば本屋さんに行き中学三年生の英語のテキストを開きます。

 

パラパラとみてみて、8割ほど知っている、使えることができれば、その人は中学三年生レベルの人です。

 

それ以下のレベルの人は、「最初は日本人で後から外国人に変える」と書きましたが、できるだけ早く外国人にして欲しいです。

 

その理由は以下で説明していきます。

【オンライン英会話】外国人を選ぶ理由

1. 外国人の発音に慣れる

まずは大事なのはこれです。

 

日本人講師ももちろん留学経験者や英語がとてもできる人、プロフェッショナルが講師になるので、はやり質は素晴らしいです。

 

ですが、そうはいってもネイティブの英語の音とはだいぶ違うのは事実です。

 

日本人だと聞き取れるのに、外国人になったらまったくわからなくなる。

 

日本では結構いけたのに、留学した途端現地の人の会話が理解できない。

 

これはやはり、学んできたものと実際に使われているもののギャップについていけなくなるからです。

 

例えば、ネイティブは単語と単語をくっつけて言ったり、あるはずの単語を省略していたりと、勝手にネイティブになってしまうんです。

2. 外国人の英語の使い方、正しい発音、イントネーションを自然と身に着ける

上でいった「聞き慣れる」と同じように、自分が使う場合もやはり外国人からきく英語の方が無理なく自然と身に着けることができます。

 

ちなみに、ネイティブがしょっちゅう使う超頻出英語表現はこの記事で詳しく書きました。

www.kiam4real.com

 

英語の使い方というのは、この単語はここではこう使っている、とか、あれはこの単語で表すには不適切なんだ、などと勝手に身につきます。

 

もちろんしっかり聞き取れての話ですが、僕は日頃からYoutubeで海外のニュースなどをみて、常に発見があります。

 

例えば、『わからない』という時、私たちの場合は『I don't know』とか『I have no idea』をほぼ100%のシチュエーションで使っていますが、

「わからない」の具合によっては『I'm not sure if...』や『It's uncertain that...』というものもよく使います。

 

そのような発見を外国人の方がより多くできます。(日本人でもできますが少ないです。)

3. 喋れない悔しさを思い知る

これは外国人を選ぶ一番の理由と言ってもいいかもしれません。

 

僕もなんども留学中に思い知っていますが、言いたいことがうまく言えない場合やここってなんて表現したらいいんだ?という思いをすることです。

 

日本人だと、最低日本語っぽいこと言えば向こうが勝手に『同じ日本人として』暗黙の理解をしてくれます。(文化的にも)

 

そうなれば、結局言えないことがずっと言えないままになってしまいますよね。

 

外国人であれば、日本のことをあまり知らないひとばかりなので、しっかり逃げずに説明しなくてはいけません。

 

そこで頑張って自分なりに伝えてみて、正しく伝わっていると嬉しくなりますよね。

 

逆に全く伝わっていないと悔しいですし、調べようと思いますよね。

 

その感覚が味わえるのがまさに外国人を選ぶ理由ではないでしょうか。

 

【オンライン英会話】日本人を選ぶ方がいい人とは

1. 全くの英語初心者か中学レベル以下の人

ある程度英語ができると「できない中での発見」がありますが、全くできない人はただの時間とお金の無駄になります。

 

わからないことが多すぎて、発見どころではないなんてことになります。

 

英会話は文字通り「会話」ですから、会話にならないと全く意味ないですし、講師もどうしようも無くなります。

 

そういう人はまず、日本人でやってみる方がいいです。

 

そうすると、日本人講師はレベルを察知してめちゃゆっくり喋ってくれますし、めちゃ簡単な単語を使ってくれます。

 

「外国人でもやってくれるんじゃない?」

 

はい、もちろんやってくれます。

 

ですが、ネイティブにとっての「ゆっくり」や「簡単」は日本人にとってのそれとは感覚が違ったりします。

 

なので、まずは日本人でレベルをみてみるというのが大切です。

 

まとめ

 いかがでしたか?

 

いきなり外国人でチャレンジしてみるのもいいですが、まずは日本人でやってみて、というのもありだと思います。

 

ですが、あくまで最初だけとかレベル確認のためであって、できるだけ早く外国人講師に変えてレッスンしてください。

 

オンライン英会話を始める人はぜひ参考にしてくれたらと思います。