アメリカ学生 留学Blog

19歳 ニューヨーク バスケ

1冊2万円!?アメリカ大学の教科書なんて、買う必要ありません!じゃあどうするの?

[この記事は4分で読めます]

f:id:kiam4real:20190716211844j:plain

 

みなさんこんにちは、アメリカ留学中のKです。

 

今回はアメリカ大学で必ず必要な教科書について話したいと思います。

 

大学に限らず、ほとんどのアメリカの高等教育機関での教科書はめちゃくちゃ高いです。

 

これはアメリカにきてめちゃくちゃびっくりしたんですが、教科書一冊で1万円から2万円はします。

 

それに伴い、今回は結論を先に言います。

 

僕はコミカレの留学でまだ一度も教科書を買ったことがありません

 

この事実について、アメリカの教科書事情とともに紹介していきたいと思います。

 

【留学中の教科書】 アメリカ大学の教科書代

アメリカの大学、コミカレで使う教科書はめちゃくちゃ高いです。

 

僕はもともと日本の大学に4ヶ月だけ通いました。

 

なので、日本の大学で使った教科書の値段を知っているので、いかに差があるかに驚きました。

 

例えば経済学の教科書。

 

日本では、書店やアマゾンでで買うことができる教科書で、1冊だいたい2~3000円ほどだったと思います。

 

どんなに高くても1万円より高くなることはほぼないと確信しています。

(学部によっては超稀に超えますかね?)

 

しかしアメリカでは、1万円以下で買える教科書は多くないです。

 

もちろん専攻によって大きく違いますが、医学系の学部で、友達は1冊2万円したものもあったといっていました。

 

僕はリベラルアーツなので、安いほうだと思いますが、それでもやはり1万円はします。

 

それに、一つの教科に1冊だけともかぎりません。

 

例えば1学期に5つのクラスをとるとしましょう。

 

1教科で2万円の教科書代を払うとします。

 

2×5=10万円/学期 です。

 

【留学中の教科書】アメリカ大学の「コード」とは

アメリカの大学では、オンラインでのクラス、課題の提出が日本に比べて大きく発展しています。

 

アメリカのオンラインクラスについての記事はこちらです

www.kiam4real.com

 

それで、普通の授業でも、課題はオンラインのサイトでやり、提出することが8割近くです。 

 

プロジェクトやプレゼン以外は、ほぼオンラインで必要な指示をもらいオンラインで提出、成績やコメントもオンラインのサイトに返されると言った感じです。

 

そのサイトにログインするために「アクセスコード」というものが必然的に必要になってしまうんです。

 

このコードがなければ、課題をやったり出したりすることができないので、当たり前に買うことになります。

 

このコードも教科書とは別で、1つ5千円ほどします。

 

【留学中の教科書】それでも教科書が必要な場合は?

僕は教科書をひとつも買っていないといいましたが、それでも教科書がどうしても必要になってしまう人もいるかもしれません。

(僕の友達にはいなかったです。笑)

 

それに、教科書を買うときは、自分が好きな科目で、これからも授業以外で趣味として読みたいなどの理由でしょうか。

 

そんなときは、

  • 学校の本屋で、中古(USED)がないか本屋の人に直接聞いてみる
  • アマゾンやEbayで探す

 

ことです。

 

これでだいたいは安く教科書を買うことができます。

 

アマゾンよりはアメリカ版のメルカリのようなサイトで探す方がおすすめです。

 

日本でもそうですが、本を売るときはアマゾンに出店するより、メルカリで出店した方が簡単ですし、売れやすいですよね。

 

その感覚でアメリカでも似たようなサイトを使うことがおすすめです。

 

また、

  • 先輩や友達に、同じクラスを取っていた人がいないか聞いてみる

これもとても有効な手で、うまくいけばタダでもらえるかもしれません。

 

日本の大学と違って、同じ年だからと言って、自分が取っていない科目を取っていないとは限らないので、必ず聞いてみることをおすすめします。

 

【留学中の教科書】僕が1学期6つのクラス使った教科書等の費用

  • かかったお金

 僕は1学期に6つのクラスをとりました。

 

一つはPED、つまり体育だったので、教科書などが必要になったのは実質5教科です。

 

5つの科目で使った費用は

 

9,000円でした!

 

イングリッシュの授業で4千円、リーディングの授業で5千円。

 

どちらも必須のコード代です。

 

教科書を買うのに比べて1冊分くらいで済ませることができました。

 

成績についても全く問題ありませんでした。

 

成績の詳細はこちらの記事で書きました

www.kiam4real.com

  • 教科書はどうしたのか?

問題の教科書ですが、

 

図書館で全て借りて、毎回授業に必要なページを事前にコピーしてました。

 

実はアメリカの大学の図書館には、ほぼ全ての教科書が揃っています。

 

だから、わざわざ買う必要はなく、必要なページだけを授業の前にコピーして受けていました。

 

これは教授も公認の節約方法になります。

 

まとめ

アメリカの教科書事情について紹介してきました。

 

もちろん日本の大学でも重なることはあると思いますが、教科書代が超高いアメリカ大学だからこそ、かなりの節約になると思います。

 

留学中の人は知っている人も多いかもしれませんが、これから留学する人も知っておくと損することはなくなりそうですね。

 

ぜひ、参考にしてみてください。