アメリカ学生 留学Blog

19歳 ニューヨーク バスケ

簡単に自分で申し込みして50万円節約!? 節約したい人のアメリカ留学

[この記事は2分で読めます]

皆さんこんにちは、Kです。

 

今日はアメリカへの留学について話していきたいと思います。

 

アメリカの大学に通っているので、アメリカの事情についてしか語ることはできませんが、もし他の国に留学を考えている人がいたら、少しでも参考になればいいなと思います。

 

加えて、自分は学生なので学生の留学にも焦点を少し置いています。

  

 

1, 留学エージェントを使う方法

 

これは一番簡単な方法です。留学エージェントとは、簡単にいうと自分の代わりに入学手続きを全て代行してくれるというものです。

なので自分がすべきことは、そのエージェントと留学する場所をきめたら彼らがその学校に必要な書類(高校の成績等)を伝えてくれますので、それらの資料を高校や市役所などで集めれば終わりです。あとは簡単な個人情報入力等ですべてエージェントがやってくれます。

おそらく留学をしたいが何から始めればいいかよくわからない、なんて人はまずインターネットで「留学』とさえ検索すれば、かなりのエージェントが見つかると思います。

 

エージェントに依頼することにデメリットもあります。

それは手数料がかかってしまうことです。

手数料とは学校の必要な費用ではなくそのエージェントに支払うものです。

 

 

 

2, 高校や大学の留学プログラムに参加する

 

 留学エージェントに依頼する以外に人気の方法が自分の通っている高校や大学の留学プログラムに参加するものです。

大学に関して言えば、1、2週間の短期留学から最長1年のプログラムが組まれています。他にも、自分の通っている大学を休学して好きな期間留学するものもあります。

高校や大学のプログラムということで、その学校と提携している現地の学校ということもあり安心ですし、学校によっては留学費用を一部負担してくれるところもあります。

夏休みなど長期休暇を利用して留学すれば、単位の心配もなく留学できます。

 

こちらのデメリットとしては、留学が期間が学校のある期間にかぶると、単位がもらえなくなる、また、留学するためには2年生からできることが多いのでそれまでの大学の成績をしっかり取っておかないと、留学させてもらえない、ということがあります。

 

 

3, 自分で申し込み

kiam4real.hatenablog.com

 

追記」: 上の記事にて詳しく書きました。

 

今回のタイトルにもあるように自分で現地の学校に申し込みをする方法について話していきます。

これは、簡単に言えば留学エージェントがやっていることを自分でやるということです。

僕は日本の大学の4ヶ月でやめ、その後学費の安いコミカレをみつけて、自分でアプライしました。自分でやるのだから、当然費用は一切かかりません。

1でも言ったように一番時間がかかるのは各資料を集めることですが、それさえできれば簡単に実は申し込めます。

自分で申し込みたいができるか不安、そんな人は僕に一報ください。

 

 

 

ということで、今回は留学オプションに関する話でした。

 

留学を考えている人の参考になればと思います。

f:id:kiam4real:20190118031738j:plain